津田一文字について

津田一文字
Sponsored Links

© OpenStreetMap contributors

津田一文字は、徳島県徳島市津田海岸町付近の沖合にある沖堤防です。
全長約1.5kmほどの防波堤で、陸地からも約1kmほど沖合にあります。

徳島県では代表的な一文字防波堤の1つで、年間を通してチヌ(黒鯛)が釣れるポイント。投げ釣りはフェリー航路向き(白灯台からコーナー)にかけてキスが狙える。

主な釣魚は 春:チヌ メバル アイナメ ガシラ カレイ

      夏:チヌ セイゴ アジ キス タチウオ

      秋:チヌ セイゴ アジ グレ タチウオ キス

      冬:チヌ グレ ガシラ カレイ         等

Sponsored Links

津田一文字の各箇所の名称(呼び名)

© OpenStreetMap contributors

津田一文字では上記図のように呼び名があります。津田一文字をよく利用されている方はご存じだと思いますが、白灯台、コーナー、段差、赤灯台は船をつけてくれるポイントとしてよく知られています。あまり知られていないのが番号(数字表記)です。コーナーから赤灯台までは①~⑨で数字で表され、⑤が段差となります。

赤灯台

白灯台

コーナー

⑤段差

津田一文字が少しイメージ出来ましたでしょうか?津田一文字に渡る際に注意しなければいけないのが、白灯台、コーナー、赤灯台には防波堤に階段があり、津田一文字に渡る際にも難なく上る事が出来ますが、①~⑨にかけては階段等が無い為、渡船屋様(船の大きさ)によって潮位の関係でうまく上がれない場合もございますのでご注意ください!私がよくお世話になってるサンライズ渡船様は潮位とかも関係なく大丈夫です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。