乗っ込みチヌ シーズン到来 美波町伊座利磯

伊座利
Sponsored Links

令和3年3月27日(土)大潮 天候 晴れ

桜が咲き舞う季節になってきました。ちょうど3月27日(土)は伊座利峠の桜たちは満開を向かえていました。チヌもそろそろ産卵の為、磯周辺に集まってくる時期です。この時期のチヌたちは食欲旺盛で丸々とお腹がパンパンに膨れ上がってくる季節です。この季節になるとワクワクして遠い美波町の伊座利へ頑張って遠征をします。

前日に吉野渡船に連絡を入れると朝方は大丈夫だけど、1日釣りは出来ないかもとの事。春は天候が変わりやすく。朝方は海が穏やかでも昼からは天候ががらっと変わってくる季節でなかなか安定して釣りを1日出来ない時期でもあります。

美波町伊座利は四国の南に位置するエリアです。北風の影響には強いのですが、南から吹いてくる風には弱く、海も、うねりや波に伴い危険な状況になる時があります。吉野渡船の船頭さんも長年の経験で危ないと思ったらすぐに向かえに来てくれます。安全第一ですからね。楽しい釣りも命には代えられませんから。

いつもお世話になっている吉野渡船の吉祥丸

出船は6:00。当日の釣り人は私を含め4人と少なかったです。1日釣りが出来ないかもと言うことで避けられた釣り人もいたのかな? 私としては磯を選び放題なんでウキウキでしたが(笑)昼ごろまで釣りが出来たらいいかなという気持ちで気楽にやりたいと思ってました。普段なら16:00が終了時刻となります。天候に左右されるので必ず前日に出船が大丈夫かどうか連絡を入れましょう。一生懸命行っても船が出ないと残念な結果になりますからね。

水島東から黒髪を望む

私が当日上がった磯は、水島東。ここで52cmの年なしを学生時代に釣った思い出の場所です。朝日がとってもきれいですね。朝日の左側に見える磯が黒髪になります。

さて釣りを開始してすぐに、いつものベラが上がってきました。エサが底までついてる証拠ですね。期待がふくらみます。

次に上がってきたのはフグです。毎度おなじみフグ。フグ。ですね。水温も少し上がったせいか。餌取りも増えてきているようです。吉野の奥様に話をすると前日は4人だったけど合計で18枚チヌが上がったそうで、釣れてるとの事でしたが、今日はいまいち本アタリのチヌの喰いが悪いようです。水島には私と胴に上がった人が一人いたのですが、胴に上がった人もアタリはないらしく、我慢の釣りをしていました。

水島東から西 水島胴方面を望む

大潮で潮がもっと動く予想だったのですが、磯上がりすぐは少し動いていましたが、9時頃になると潮が止まってしまい。池状態になってしまいました。

上の写真を見てもらうとわかるのですが、海はとってもきれいなんですが、潮が動いていないので海の色がブルーで底が透けて見えています。潮が動く時は底があまり見えない状態で、藍色をした海になるのが伊座利の特徴です。この潮では釣れる気が全くしません。我慢。我慢。です。今日の満潮は5:39。干潮は11:30です。干潮間際の潮が流れ出す頃が勝負時です。

11頃になってくると少し波がたってきました、潮の色も少し変わってきて潮が下り始めました。

その時です。スーッとウキが消し込みました。間違いなくチヌ本命のアタリです!

上がってきたのは40cm弱のチヌ。イヤー気持ちいい。オシリのアタリは赤くなって乗っ込みチヌの始まりが見て取れます。その後、次があるかなと頑張ってみたのですが、すぐに潮が動かなくなってまた池状態に戻ってしまいました。

13:30頃に風向きが南風(向かい風)に変わった所で、船頭さんが「おしまい」にするからね。との事で14:00納竿となりました。1枚釣れたので。気持ちは楽でした。

他の3人も1枚チヌが上がっただけだと、釣果には恵まれなかったみたいです。日によってチヌの口も変わるのかな。大潮の割には潮の動きが悪かったように思います。素人の私にはまだまだ潮が動いていない状態でチヌを釣るのは難しいです。伊座利のチヌも昔から一筋縄ではいかないですね。釣れない時は本当に釣れないです。きたら確実に40cmオーバーなんですけどね!

本日の釣果はチヌ1枚。カワハギ1枚。となりました。カワハギの写真撮るの忘れちゃいました。

自宅に帰って。カワハギは煮付けに。チヌはお刺身半分。焼き半分。骨は味噌汁の出汁にしてあら汁を作りました。うちの子供たちはお魚を美味しい。美味しい。と食べてくれるのですごく釣りと作りがいありますね。嫁もカワハギの煮付けは気に入ったようでしゃぶるように食べてましたw。チヌよりカワハギが美味しいのかな。釣るのはチヌが断然楽しいんですけどねー。親父を含め家族6人できれいに釣った魚を食べました。これだけ食べてくれるときっと釣ったお魚たちも成仏してくれるに違いありません!

チヌのお腹を割いたときに、卵が出てきました。まだまだこれから大きくなるくらいのサイズでした。乗っ込みシーズンはこれからですね!。近年水温が冬の時期でも高く。シーズンが少しずつ早くなっているように思います。4月に入ると桜も散ってしまいますしね。小さい頃は5月のゴールデンウィークは乗っ込み真っ最中だったんですけど。今は5月ゴールデンウィークまでが乗っ込みシーズン終了になっているように思います。地球温暖化は釣りをしているとすごく感じますねー。釣れてる魚種も変わってきているように思います。

さて。少しうんちくを書きますと。この時期のチヌを狙うなら。竿のタックルは磯竿1.5号、ハリスも1.5号は伊座利では欲しい所ですね。まずもって40cm以下のチヌは伊座利では釣れません。掛かると必ず40cmオーバーは確実です。1号以下の竿でもやりとりは出来ますが、なかなか本命アタリが出ない事の方が多いです。きっちり上げたいので1.5号は持って行くことをオススメします。竿がのされると。プッツンとハリス切れで終わりです。少々強引なやりとりの方がかえって釣果につながります。

水島東は真鯛の実績もある磯です。上り潮で8ヒロから10ヒロの深棚を潮にのせて沖を攻めます。なかなか釣れませんが、過去に釣った人を見たことがあります。70cmオーバーは確実です。一度は釣ってみたいですねー。真鯛!

春の季節は移動性高気圧の影響で、天候が不安定な時が多々あります。吉野渡船に連絡するといつも前日の19時頃にまた電話してねと言われます。ちょうど天気予報が出る時間帯と合わせて判断されているみたいです。天気予報が全てではないので。難しい時もありますが。これは自然現象なのでいたしかたありません。安全第一に楽しく釣りが出来ると良いですね。美波町の海はやっぱ美しいです。

大事にしたいですね!

いつもお世話になっている 吉野渡船:0884-78-1555

             渡船料金:3,500円 お弁当500円

伊座利 釣行記
Sponsored Links
SNSフォローボタン
namihaをフォローする
namihablog