津田一文字 チヌ釣り 本年3回目

釣行記
Sponsored Links

12月6日(金)長潮 天候:くもり 西風強い

今年最後の釣行と思いふたたびチヌ釣りに津田一文字に行ってきました。

平日なので釣勇士は私を含め4名。皆別れて、白灯台、赤灯台、コーナー、段差(私)に釣り座を構えての釣行です。前回は日曜日だった為、意外にも釣り客が多くて今回は休みをとって平日での挑戦です。私個人としては、釣り客が多いほど、コマセを皆が各々に撒く為、チヌの集まり方が悪いと思っています。要は釣り人が多い程お隣にも気を使い流したいポイント届かない(流しにくい為回収)するので釣りにくいのです。

当日は、12月に入り寒波の影響で水温が10度以上下がってます。食いが悪いかなぁと思ってましたが、水温が下がってるわりにはエサ取りも結構多い。生のオキアミは投入後すぐにエサ取りに取られてしまって、オキアミボイルの方がエサも残りずっとその日はボイルを使用してました。

コマセを二時間ほどまいてから、少し海に魚っ気が出てきました。チャンスだと思い集中します。今日の潮は長潮でちょうどお昼が満潮です。津田一文字は私の経験ではある程度潮位が上がらないとチヌアタリがなかなか無いと思ってます。でもコマセをまいて寄せておかないとなかなか釣果には繋がりません。10時頃を過ぎた頃でしょうか。一発目のアタリがあって手のひらサイズが上がってきました。

それから、かなりアタリもあって、いい当たりは3回ほど惜しくもバラシ( p_q) 消波ブロックの近くを釣るためどうしても取り込みにくいんですよね。特にある程度型のあるものは(;^_^A 腕が悪いのもあるのでしょうが。

満潮時間のお昼ごろを向かえパタパタを本命のチヌアタリがあります。やっぱりチヌの引きは気持ちがいいですねぇーアタリがあると尚更です!(⌒^⌒)b うん

15時の納竿まで30cm前後が4枚。40cm台が1枚とまずまずの釣果!まずまずの成果に満足!勿論釣った魚は自宅に帰って美味しく家族でいただきました!子供たちも美味しいと沢山食べてくれてチヌ5枚を完食!いやぁ釣りがいありますね(・ω・)ノ

10年を超えて津田一文字をマイホームとして通ってますが、やはり釣り人が少ないと言うのは1番!自分の釣りが出来ますからね!後は、自分が釣れたと言う場所をしっかりと覚えておいて、やはりそこで根気よく釣る事ですかね。実績があると言うことは自信にもつながるし、やはり釣れてますものね!津田一文字は1km以上もある沖の防波堤ですが、足場の良い釣り場を見つけて、自信のあるポイントで竿を出す!というのが私の個人の考えですが良いのではないでしょうか?

またこのブログに私の釣り方や考え方なども記載できたらと思ってます。

次回は釣行は来年の予定ですが、「水温が低くなってからがフカセ釣りだと!」師匠に言われた事があります。寒い時期ですが、脂ものってきて、魚も美味しいですよ!機会がありましたらブログを拝見の皆さまも是非挑戦してみてください!

釣行記
Sponsored Links
namihablog
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。